痛いカントン包茎に見られる血流の循環障害

2021年10月26日 0 Comments

カントン包茎は自己判断ではなく医師による診察がおすすめ

カントン包茎は亀頭を包んでいる皮である包皮口が狭いことで起こる現象であり、皮を剥くと痛いことや根元まで剥けないことなどが代表的な症状になります。
個人差がありますが痛いことと亀頭部が露出しにくかったり、露出することで違和感や痛いなどの症状がある時はカントン包茎の範疇になるのです。

真性包茎と誤解される時もありますが、この二つの症状は合併的に表れることもあるために自己判断ではなく、泌尿器科や美容クリニックでの医師の診断が必要になります。
真性包茎も癒着や不衛生なこと、湿度が高くなって湿疹が出来やすいなどのデメリットがありますが、カントン包茎の場合にはさらに血流の阻害による痛い感覚や、内出血や最悪の場合には血流の阻害による壊死まで起こしてしまうことが知られているのです。

陰茎の勃起時に外側の皮が自分の性器を締め付けてしまう状態になるために、性交や自慰を行うことでもトラブルが起こります。
だからこそ早期診断と治療が必要なのが、カントン包茎の特徴なのです。

カントン包茎の治療と気になること

カントン包茎は包皮口が狭いことが原因で起こる、包茎の一種になります。
症状には個人差がありますので、症例を数多く見てきた専門医の判断が必要になり、自己判断で放置しておくのは危険だと言われているのです。
痛いことや勃起時の締め付け管などを感じたなら、診察をしてもらうことが必要になります。

多くの場合は包皮口を切開して広げてから、目立たないように縫合することで症状が完治したり軽減することが知られております。
数日は激しい運動や飲酒を控えて、安静状態で仕事を行うことが出来るので、手術も安心して受けられるのです。
デリケートな部分なので心配も大きいですが、臨床経験が豊富な医師に任せれば、それほど大きな心配もいりません。

通常時でも亀頭を剥きやすくなり、勃起にもスムーズに移行できるように3次元の形成をしてカリの根元部分で目立たないように縫合します。
個人差はありますが2週間から1か月程度で性交渉が行えるまで回復し、その後は経過観測をして問題ないパターンがほとんどだと言われております。

まとめ

カントン包茎は勃起時に陰茎部を自分の包皮で締め付けてしまうので、生理現象である勃起や子孫を残すための行為である性交渉に支障があります。
自分で治療することは出来ませんので、外科手術によって治療を行うのです。

性感帯を保存しながら包皮を切除して、包皮口を広げることで勃起時にも痛いなど感覚がなくなるように施術をします。
放置していても危険なだけではなく、性交渉などが行いにくくなるために人間関係に支障があるために、早期の治療がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です