カントン包茎が痛い原因は包皮の締め付け

2021年10月26日 0 Comments

カントン包茎は包皮の先端部分が狭い事が原因で痛みが伴う

包茎で悩んでいる男性のなかでも、様々な症状があり1人1人の状態にも大きく違いがあります。
全く亀頭が露出しない真性包茎の他、包皮が容易に剥く事ができる仮性包茎などもあります。
そのなかで痛み伴う包茎の症状として、カントン包茎は成長するなかで気が付く事の多い症状の1つです。
子供のころは気が付く事はありませんが、思春期を向けて自傷行為を行う時やペニス自体が成長して大きくなる事で気が付く事が多い包茎となります。
気が付く理由の1つに痛みがあり、様々な状態で痛いと感じる事が増える事が特徴です。
勃起した際や通常時であっても、包皮の締め付けによって痛いと感じる事は多いです。
亀頭が露出するタイプと露出が難しいタイプなどもありますが、カントン包茎の場合は共通して包皮の先端が狭い事による締め付けが痛みの原因となります。
長時間亀頭を露出することで痛みが伴う隠れカントン包茎といった症状もあり、やはり他の症状と同じように締め付けにより痛いと感じてしまうのが特徴です。

カントン包茎は手術が必要なほど重度な症状が多い

カントン包茎の場合に強く感じる痛みですが、症状によってはうっ血してしまったり包皮が裂傷といった重度な症状を伴う事が多くあります。
特に隠れカントン包茎は、亀頭を露出することに問題がないことから気が付く事が遅れてしまう症状の1つです。
長時間亀頭を露出することで包皮が腫れあがり、結果として痛い症状でカントン包茎だったと気が付く場合もあります。
ペニスの成長や勃起などによる太さに対して、包皮が狭い事で締めつけてしまう事が原因です。
締めつけられている状態を放置することでうっ血してしまい、血液循環を妨げたり裂傷や壊死だけでなく男性機能自体を喪失してしまう可能性の高い症状となります。
カントン包茎の場合は放置すれば放置しただけ症状は悪化してしまうので、早急に適切なクリニックで包茎手術を受ける事が必要です。
早期の治療を行えばそれだけ痛い思いだけでなく精神的な負担も軽減できるので、早めの治療がポイントとも言えます。

まとめ

カントン包茎の場合は包茎の種類のなかでも重症になる事が多い症状の1つです。
包皮の締め付けによる痛みだけでなく、放置することによって症状を悪化させてしまう可能性が高まります。
特に隠れカントン包茎の場合は包皮が腫れあがる事で、より重症化してしまう可能性の高い症状の1つです。
痛いけど恥ずかしいから我慢するのではなく、痛みを感じたら異常があるのだと直ぐに判断して症状を悪化させないよう早急に適切な治療を受ける事がポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です